IT系の求人について調べました

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

NAVI
IT系の求人について調べました

クラウドが進むとネットワークエンジニアの求人は減るか

自動化であったり、機械化、コンピュータ化ということが行われています。それまで人が行っていた部分において、機械やロボット、コンピュータに行ってもらうということです。すべてを置き換えるということは出来ませんが、それらが得意なところがあります。そういうところを置き換えることで、人件費の削減が実現できることになります。人件費は毎月のようにかかりますが、コンピュータなどであれば最初に導入してしまえばあとは運用コストということになります。さらに1台で何人分もの仕事をしてくれるということですから、スピードアップにもつながるということです。他社よりも速く何かをすることができます。でも、他社も負けじと行ってくるということです。

そんななかで、ネットワークに関する問題があります。企業においては今や必須のものになっています。インターネットやメール、社内情報ネットワークがないと仕事が成り立たないといえるかもしれません。こちらにおいて、重要な役割をしているのがネットワークエンジニアということになります。ネットワークがある企業においては、必ず何人かの担当者を置いているということになると思います。トラブルなどがあればすぐに対応することになります。新たなネットワークが追加になるというときにも、作業をしてもらうということになります。このネットワークの利用において、外部委託をするという考えがありあす。また、クラウドという考え方も出てきています。

外部委託やクラウドを利用すれば、24時間エンジニアが張り付く必要がない、専門の担当者を置く必要がないといわれました。となると求人は減るかということです。エンジニアの役割としては、単にネットワークを監視したり、接続したりというだけではありません。その企業独特の仕組みを運営していく必要があります。外部に委託するにしても、クラウドを利用するにしても、最適な状態を知るには専門化が必要です。どの企業でも必要な人材になります。

イチオシサイト